2006/02/14

うはぁ

全然気付かなかったよ! 大変だよ。
rpm.livna.orgのトップページなんて普段見てないし、aptが使えなくてもどうせまた鯖落ちてんだろー?とか思って放置してたから気付くの遅れたよ。つか半年以上も気付かないとは間抜けすぎ。

Monday, July the 25th: APT support

Since it seems 98% of our FC4 users are using yum, and since apt/rpm is no longer maintained, and since apt is quite useless on x86_64 and ppc for the reasons we know, we will stop providing apt support for FC4 and later core releases for the i386 architecture by the time FC5 Test 2 is released.

使い慣れたaptを手放さなきゃならんって事か。

めも

引用する際のcite属性は引用元の明示となるのか?
:before擬似要素や:after擬似要素に対してcontentプロパティattr()値を用い、特定の要素を表示させることは出来る。

blockquote:before {
content:attr(title);
}
blockquote:after {
content:attr(cite);
}

ただしIEではcontentプロパティをサポートしていないため表示されない。
サポートしていないUAが悪いと取るか、サポートしてないなら使うべきではないと考えるか。

‥‥これに関しては、どっち付かずだなぁ。
引用元を明確にするというだけの目的ならばcite属性だけで充分だと言えますが、閲覧者の利便性を考慮するならcite要素を用いてアンカーを含めるべきかと。

となると今度はblockquote内にcite要素を含めるべきか否かという問題があるわけで。
これはw3c的にはどちらでも良かったはずですが、

という2つの相反する意見があり、そのどちらにも納得出来てしまう。

ちなみにウチはblockquote内に入れる派。でもこだわりはない。
絶対に外の方が良いよ! っていう革新的意見が出てきたら変えるかも。

別の論争ですが

私だったらブラウザでの表示云々よりも、W3Cの勧告に従うね。

vrtn

スレ立ったよ、久しぶりに。
また寝不足の日々が‥‥

動きがないので

まじめにレスってみる。というか唐突に思い出したってだけなんだけど。

程々にガンガレー。自己主張は主観で語るだけだと破綻すると思う今日この頃。
客観までいかなくとも一歩引いて考えるのが寛容と思いました。 -- おや貧

おや貧さんのコメントにはいつも考えさせられるわけですが。
とりあえずアレは自己主張と言うほどの意見は入っていませんし、コメント欄において論旨の破綻した相手をどう扱うかは一歩引いたくらいではどうにもならないものだと感じました。

多数寄せられた提案を全て"押しつけ"と受け取り、自分が非難されている理由にすら気付かず、あくまで自己主張を曲げない彼に対してこそ、おや貧さんの言葉を聴かせてあげたかったです。言っても聴かないだろうけど。

#つか俺が無茶なこと言ってたんなら、ブクマのコメント欄で非難されまくってたと思う。
#あそこは良くも悪くも罵声の飛ぶ観客席。身元のあかされた2ちゃんねるのようなもんだ。

htmlの間違った用法を伝えるHow to系に対しても非難が集中することが多々あるけど、これだって誤用の伝播を食い止める為に必要なのだし、それらを全く受け入れられないようではWeb上にいる資格はない。

‥‥どことなくモヒカン的思考になってきたような気がする。

関連仲間文化圏も実際には細分化されてるわけで

スパマー的要素の濃い検索トラックバッカーと、本当に仲間内だけでの送り合いしかしない真仲間文化圏。
表面上は同じに扱われる事が多いため誤解を招きやすいが、後者をスパマーでもなんでもない。ただトラックバックの使い方が当初の意味から外れたor新しい使い方を編み出しただけ。問題になるのは、関連仲間文化圏を装って検索トラックバックを仕掛けるスパマーなんだよな。

で、アフィてんこ盛りのブログから50や100だなんて量を送信しているのはどっち?って思うと、それはやっぱりスパムなんだよなぁ。送信先がすべて仲間内なら構わないけど。
ただし、検索エンジンスパムになっているのは紛れもない事実だし、そこまで仲間文化圏を拡大したってのは、やっぱり始めは検索トラックバックをしてたって事だ。そして誤用を伝播した。お返しトラックバックなんて奇妙な風習まで登場した。

一つの文化として認めざるを得ない程拡大してしまっているけれど、どこまで容認出来るかは今後の議論で折り合いを付けていくんだろうか。

とりあえず、私が最も危惧するGoogle Page Rankシステムへの影響を回避するためにrel属性nofollow値の付加を強く推奨したい。
#というかね、ページの評価を自分で操作できるって点は、ランクシステムの無価値化を意味するんだよ。



トップ   編集 凍結解除 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2013-03-06 (水) 15:10:19 (2442d)