2006/10/17

頭痛が酷いのでボルタレン。

多すぎる

普段、無断リンクやネットマナー関係のBlog検索結果をフィードリーダで読んで、んで面白かったり参考になりそうなものをブクマしてるんだけど、今は無断リンクが大流行なので検索に引っ掛かる数が普段よりも多すぎる。なのでブクマするのもそんな話題ばかり。いやはや。

むー

Fedoraではscim + anthyで頑張ろうと思ってたんだけど、もう面倒だからATOK入れちゃおうかなぁ。

scim

GUIの設定項目でShift + SpaceでもON/OFF可能にした。これはCtrl + SpaceだとOperaのホームページを開くショートカットと重なるから。‥‥なんだけど、どのみちOperaでは日本語入力出来ず。なんでだ。Qtの関係か稀にOperaでIMが動かないことがあるんだけどそれの関係か?

ひさびさにVNC

実機使うのが面倒なので*1

export GTK_IM_MODULE=scim

IMがscimだから、~/.vnc/xstartupはこれで問題ないはず、なんだけどなぁ。

フレームが嫌いなのは

target属性を排除してると、フレーム内でのアンカーもtarget指定が無効になって同一フレームにページを開くから、という非常に利己的な理由もありますが、それ以外にもフレーム未対応のユーザエージェントに対する配慮が欠けやすいってのもあるし、左右分割フレームでは描写領域が無駄に感じるというのもある。上下分割は一見便利そうだし私も以前にそういったページを作っていたけど、現在はDTDが違うからそもそも使えないから使ってない、というだけ。特別憎いわけじゃない。インラインフレームは別の問題。アレは使ってみると分かるけど、使っちゃダメなもんだという印象しか残らない。表示する領域を限定しすぎるってのが主な理由か。少なくともメインのコンテンツをインラインフレーム内に表示させるのは感心しない。

それはそうと、他者のページを自サイトのフレーム内に取り込むように表示するのはNGというのは、たしか判例があったはずだけど、これはまぁ自分のサイトのコンテンツのように見せかけてるって感じるから当然だとも思う。んじゃその逆。ん、逆じゃないか。
フレームで構成されたサイトの内部ページを直接外部からリンクした場合。これは所謂ディープリンクであって、なんら責められるところはないのだけど、ページ制作者からすれば、フレームを過信してフレーム内ページにTOPへ戻るだとかのナビゲーションを含めていなかった場合、内部ページへ直接リンクされると誰のどこのページか、要はサイト管理者がはっきりしない印象を受け、リンクする側は別段問題にはしないけれど、リンクされた側としては少々イヤな気分になるかもしれない。かと言ってディープリンクは決して制限されるものではないのだし、フレームを使ったサイトを運営している人はそれを考慮に入れた上でフレームを使用したほうがいいんじゃないのかと思うのですよ。

例えばほら、「検索ページやリンクで来てメニューが表示されない方はこちら」みたいなナビゲーション。あれ、よく見かけますよね。「こちら」の部分がアンカーになっているのはアクセシビリティの観点からオススメしませんがそれは置いておく。つまり、フレームページだとトップから見に来なかった閲覧者に対して、こういった注意書きを付けてTOPへ誘導するなどの方法を取らざるを得なくなるわけで。あんまりスマートじゃないよな、なんて思うのよね。

なので、私はフレームが嫌いなのです。




*1 ディスプレイとマウスを買い換えた関係で切替器が使えないの。
トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2018-11-13 (火) 15:08:30 (392d)