2006/11/18

悩みが解決したので

お馬鹿なスクリーンショットを晒してみる。

vnc061118.jpg

現在、自室にある稼働中のマシンは3台。

win機からvncクライアントでFedora機へログイン、Fedora機からVNCクライアントでVine機へログイン。んでVine機からwin機へVNCクライアントでログイン。

‥‥というスクリーンショット。なんか合わせ鏡みたいなことになってる。

ちなみに

misuzuもmakotoもvncserverはユーザモード。使うときだけsshでシェルログイン後にvncserverを起動してる。henrietteはwindowsだし普段はvncserverを起動しない。今回はユーザモードで試しに起動してみた。

外からアクセスするのはmakotoのみ。sshポートフォワードでログインするようにしてる。sshサーバは公開鍵認証なので、パスフレーズとユーザ名だけでログインされる心配はない。

VNCでログイン時にqtアプリっていうかOperaで日本語入力出来ないよ問題 解決

~/.vnc/xstartup

export XMODIFIERS="@im=SCIM"
export GTK_IM_MODULE=scim
export QT_IM_MODULE=scim
exec scim -d &

scim-anthyでOperaに日本語入力できたよ!
scim -dでscimを立ち上げればkonqやkedit等で日本語入力出来たんだけどOperaでは出来ず。XMODIFIERSへ@im=SCIMをぶち込む必要があるみたい。このあいだまで何故か

export LANG XMODIFIERS="@im=SCIM"

なんて間違えてたのが直接の原因。

ところでscim -dの所為か、ログイン直後に日本語入力がONになってるのが非常にウザイのですが、これはまあ我慢するということで。

AT-X ひぐらしのなく頃に #26

地上波での視聴は途中で切ったので、今日が初見。

全体を通しての感想は、やはり原作の入門ダイジェストの域を出ていないかな、と。暇潰しの後でそのまま間隔を開けずに解が始まるのを知ったときには、今すぐにアニメの視聴を止めて原作をプレイすべきだ、なんて思いましたが、原作をプレイした後では物足りなすぎる。アニメのひぐらしを楽しめたのは、きっと原作未プレイ組くらいのものだったのではないでしょうか。

展開が飛ばしすぎでも作画が安定していれば、それなりに楽しめたのかもしれないけれど場面によって作画にバラツキがありすぎて、好みもあるかもしれないけれど、ちょっと酷すぎる部分も多々あったので純粋にアニメとして楽しむのは難しい。

ただ、#26ラスト付近の作画は沼田誠也氏(だと思う)の作画の特徴が色濃く出ていてグッジョブでした。全部の回をチェックしたわけじゃないけど、ダイナミックで丸みのある氏の特徴的な作画が目立つ部分は、アニメのひぐらし唯一の見所だったのではないかと。

いろいろ書くと不満たらたらなのですよ

「遊んであげるわ、おいで鉈女…!」

モップを構えた凛々しい黒梨花が見たかったのに、アレはないよ!

SBCr「GA Graphic」NEWS 061117 【うぐぅ…あうーっ了承。年末のコミケは「Kanon」グッズが溢れる!!!】 INDEX

高い。

ひぐらしのなく頃に 製作日記 ひぐらしのなく頃に礼 ジャケットイラスト公開

いい!




添付ファイル: filevnc061118.jpg 476件 [詳細]
トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2021-02-06 (土) 00:05:31 (22d)