2006/12/02

キッド:負債額約5億3000万円、自己破産申請へ (まんたんウェブ)

ああああああ!!!!

YouTube - 3D Suiseiseki

なんていうかこれはすごい翠星石ですね。

PLAYSTATION

先日の。

ああ、閉鎖しちゃうんだ。残念だなぁ。とそればかりが目についてしまい、さらっと流してしまっていたのだけど、天嶺さん自身は移転なりなんなりで今後も活動を続けていくみたいですね。

アドレスも変更してしまう予定なので、追っかけて来たいという奇特な方は 左フレームにある「メイルら同盟」をチェックしておくと良いかもしれません

メイルら同盟自体、同盟としてはほとんど活動してませんし、頭数も少ないので一応の拠点であるこのwikiは、お好きなように利用してくださっても構いません。(と、改めて言ってみる。

天嶺さんがここをチェックしているかはわかりませんが、私自身も天嶺さんを追っかけたいと思ってますので、移転などする場合はお知らせ下さると幸いです。

The Linux Wacom Project

一年くらい前にGraphire 4にも対応していたのだけど、ぶっちゃけ面倒で放置していたlinuxwacomを再度試してみる。fedoraのyumで入ったlinuxwacomはlinuxwacom-0.7.4_1-2.1だけど、このバージョンあたりではたしかもう対応していたはず。

# cat /proc/bus/input/devices
I: Bus=0003 Vendor=056a Product=0015 Version=0403
N: Name="Wacom Graphire4 4x5"
P: Phys=
S: Sysfs=/class/input/input3
H: Handlers=mouse2 event3
B: EV=1f
B: KEY=1c63 0 700ff 0 0 0 0 0 0 0 0
B: REL=100
B: ABS=100 3000003
B: MSC=1

input3なのでxorg.confに記述するdeviceは/dev/input/event3にする。xorg.confはこんな感じ。

Section "ServerLayout"
# ServerLayoutセクションに以下を追加。
        InputDevice    "cursor" "SendCoreEvents"
        InputDevice    "stylus" "SendCoreEvents"
        InputDevice    "eraser" "SendCoreEvents"
EndSection

Section "Module"
# Moduleセクションに以下を追加。
       Load  "wacom"
EndSection

Section "InputDevice"
        Identifier  "cursor"
        Driver      "wacom"
        Option      "Device" "/dev/input/event3"
        Option      "Type" "cursor"
        Option      "USB" "on"
        Option      "AlwaysCore" "on"
EndSection

Section "InputDevice"
        Identifier  "stylus"
        Driver      "wacom"
        Option      "Tilt" "on"
        Option      "Mode" "absolute"
        Option      "AlwaysCore" "on"
        Option      "Device" "/dev/input/event3"
        Option      "Type" "stylus"
        Option      "USB" "on"
EndSection

Section "InputDevice"
        Identifier  "eraser"
        Driver      "wacom"
        Option      "Mode" "absolute"
        Option      "AlwaysCore" "on"
        Option      "Device" "/dev/input/event3"
        Option      "Type" "eraser"
        Option      "USB" "on"
        Option      "Tilt" "on"
EndSection

これでXを再起動して使用するアプリ、例えばgimpなら環境設定→入力機器で各デバイスのモードを選択すれば使用可能になる。

筆圧感知もOK。stylusとeraserへ別のツールを割り当てる事も可能。ようは通常のペン側に描画ツール、ひっくり返して消しゴム、とかそんなふうに。



トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2018-07-27 (金) 16:13:57 (86d)