2008/04/08

訪問済みリンク色 †

以前からリンク色が同じなのはユーザビリティ的にどーなのよ、と思っていたのだけど、なかなか良い色が思いつかず、そのままにしてました。が、さっきおや貧さんが更新してくれた用語集をぽちぽち見てたら、どこまで自分が見たか分からなくなって、やっぱり訪問済みリンク色は変えなあかんな、と。

とりあえずで色を変えたので見にくいかもしれません。なにかちょうど良い色の案があったら教えてください。あと、リンク文字列のアンダーラインは削除すべきではない、と僕自身は思っているのだけど、ここでは敢えて下線なしにしてます。そのへんもどうなのか意見があったらお願いします。

リリカルなのはStSをまとめて見た

本放送時にはどうも馴染めなくて、俺的黒歴史に認定したくなるような作品だったのだけど、世間一般では一応良作扱いされていることもあるし、A'sが再放送していることもあり、また4作目の噂を耳にしたりするうち、とりあえずもう一度通して視聴して、なにが自分的に馴染めなかったのか、そのあたりを再度見直してみようかという気になった。

馴染めなかったのは、とらハシリーズから完全に切り離されて舞台が海鳴からミッドチルダへ完全移行したこと、それから主人公はあくまでスバルで、なのちゃんが完全無敵キャラとして描かれているあたり。また、管理局内部の政治的ゴタゴタが話の本筋になっていて、登場人物の成長物語としての側面が少々おざなりになっている、と感じたから、だと思う。さらに言えば、新キャラを投入しすぎていて、とくに戦闘機人は個別のキャラ立てに乏しく、ぶっちゃけ覚えられない、というのもあったか。

そんなわけで、通して再度視聴したあとでも、そういった印象は拭えないのだけど、とらハから受け継がれた都築真紀テイストあふれる人外キャラといい、多少こじつけ気味になるけど、擬似家族空間の構築とその中での幸福を見出す描写は、高町家のそれを彷彿とさせるし、なのちゃんがヴィヴィオへ向ける愛情は桃子さんの血をしっかり受け継いでいるようにも感じられるし、幼少期をともに過ごしたフィアッセの影響も感じられる雰囲気を醸し出している。

細かいところでは、キャロのルーテシアに対する行動は、一作目のなのはとフェイトのそれを焼き直した構造となっていて、作品全体の色はしっかり継承されているのかもしれない、とかそんなふうに思った。

サウンドハウスの個人情報流出について(2)

昨日、あれから再度メールがあって、僕自身は流出の被害にあっていないらしいという事が記述されてました。とりあえず一安心。

このお知らせの宛先となっているお客様につきましては、今回流出した情報の 対象者ではないことを第三者機関による調査により確認しておりますので、 ご安心ください。

昨日も書いたけど、これによると、ごく最近に新規会員登録した人が対象になっている模様。

ああああ

リファラで気付いたんだけど、放置しまくりでアクセスもほとんど無いはてダのLDR登録数。

現時点で9人。数字で見られると、放置してごめんなさい的な気分になるなぁ。いや、少ないけど、それだけ興味を持ってフィードリーダへ放り込んでくれているんだろうし。

LDRってログインしてなくてもフィードの詳細情報は見られるっぽいね。んじゃ、うちの本サイトはどうだろう。

11人。最後に更新したときから、増えもせず減りもせず、かな?

んじゃブクマはどうだろう。

10人。前見たときより、5人くらい減ってるけど被favが増えてるからまぁいいか。

こういった、フィードの登録者数は、増えると更新のモチベーションになるとか、そういったことは全くなく、ただ、放置してごめんなさいという気持ちにしかならないのが問題だな。と、思ったけど、放置しすぎてるからこそ、フィードリーダに登録するのか。

じゃあ、まったく問題ないな。



トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2013-03-06 (水) 15:14:09 (2391d)