Diary--/*isaji*/MIDI Lab.

朱 -Aka- 2006-01-23 [permalink] [?B] はてなブックマーク

先日のねこねこソフト活動休止のお知らせを目にしてから、もうどうして良いのか分からず、毎日みずいろを聴いて泣きながら暮らすというあまり精神的によろしくない状態だったので、ひとまずねこのゲームを一通り再プレイすることにしました。てゆか年末年始はずっとみずいろやってたんですがそれはまぁ置いといて。

で、ふと思い出したんですが。私ね、基本的にはエロゲに手は出さない主義なんですよ。鍵にしても全年齢対象版しかやってないし。昔はActiveだけは別とか言ってプレイしてましたがそれも"ねがぽじ"以降はあまりパッとしないのでやってなかったし。そんでね、今は「ねこだけは別」という俺ルールでエロゲをプレイしてるんですよ。そりゃコンシューマに移植される可能性があるならばそれまで待ちますし、無理にエロゲをプレイしたくないってのはこれまでと同じなんですが、どーせエロシーンは飛ばすんだからいらないじゃん、って思ってるんです。嫌いじゃないけどいらない、というくらいでしょうか。というか、ねこねこソフト――いや、片岡ともさんのシナリオって、形態として18禁=エロで作られているけれど、エロ抜きにしてもシナリオ自体が18歳以上じゃないと共感出来ないようなつくりだと思うんですよ。というような事がwikipediaにも書かれていました。うん。やっぱりそういう方向性だったんだ。narcissuとか120円の冬もそうだもんなぁ。

そんなわけでしてね、無理にエロゲを購入しなかった所為でコンシューマ移植されていないものは入手していなかったわけで。や、ファンディスク1と2は非エロとエロでシナリオが分離してるし、銀色はエロ無しでは成立し得ないシナリオがあるから移植されないだろうと思って買いましたけど。完全版の方ですけどね。

いやまぁなんてゆーか早い話が「朱 -Aka-」だけ手に入れてなかったんですよ。とりあえず買っておこうと思った時には新品が見当たらないとか、初回版が置いてないとかそんなカンジで。でもそれってちゃんと探してなかっただけなんですよね。見つけちゃったら買わなきゃならんみたいなヲタ意識がありますから。ねこの作品の中でもあまり評判がよろしくない方ですから、店頭在庫は何処かに必ずあるはず。というわけで本気モードで捜索して入手。

朱 -Aka- ねこねこソフト

や、さんざん書いてるわりに要点は、ただこれを買ったってだけなんですけど。

とりあえず積みゲーは後回しにして朱を最優先でプレイする事にします。‥‥その前に銀色を読み返しておいた方が良いですかね?

ねこねこソフト game | comments (0) | trackbacks (0)

コメント

コメントの挿入

Trackbacks

Trackback URL : http://isaji.jp/diary/sb.cgi/94